いずはる、放浪記

我が家のいずはるの記録。

岐阜県

お土産を!

 

「さるぼぼ」ね。

f:id:halls3115:20200801193423j:image

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

岐阜県

 

〇さるぼぼ

 

さるぼぼの原型は、貴族のお産のお守り
さるぼぼの原型はおよそ1200年前の奈良時代に中国から伝わった「這子(ほうこ)」「天児(あまがつ)」だと言われています。
当時は貴族社会でお産の際に安産のお守りとして産屋に飾られていたようです。
その後江戸時代に入ると民間にも広まり、這子を幼児の祓(はらい)の具として用いるようになり、中期には嫁入りの際にも持たせたり、娘のお守りとして安産や幸せな結婚を願い、さらには子どもに遊び道具として与えて健康を願ったと考えられています。
また江戸時代に天然痘が流行り、その頃から赤い色の布を使うようになったと言われています。
飛騨の方言で「さるぼぼ」は猿の赤ちゃん
時代が進み、他にいろいろと新しい人形が出てくる中であまり作られなくなり、今は岐阜県の飛騨地方でのみの風習となりました。
そして、お母さんやおばあさんが娘や孫のために作るさるぼぼが、猿の赤ちゃんに似ていることから、飛騨の方言で「さる=猿 ぼぼ=赤ちゃん」で「さるぼぼ」と呼ばれるようになりました。
猿は音読みで【エン】と読むため、「縁」とかけて「良縁」「家庭円満」、また訓読みで【さる】と読むため、「去る」とかけて「病が去る」「災いが去る」というふたつの意味をかけて、現在のさるぼぼとして知られるようになりました。
さるぼぼはあなたの映し鏡?
「なぜ、さるぼぼには顔がないの?」という質問をよく耳にします。
昔から「さるぼぼ」には顔が描かれていませんでした。きっと、お嫁に行く子どもや孫に持たせる際に、楽しい時は一緒に喜び、悲しい時は寄り添ってくれる、そんな相手として持たせたのでしょう。その思いを今も引き継ぎ、今の「さるぼぼ」になりました。
あなたの喜びや悲しみをさるぼぼは受け止めてくれると思います。
40年間、ひとつひとつに思いを込めて

 

✎︎____________

 

私が聞いていたのは、、、。

 

こけしと同じで、

 

遠い遠いむかしの話で

赤ちゃんを授かったのに、

食い口を増やさない為に、この世に出て来れなかった

赤ちゃんの代わりって

聞いたんだけど、

 

調べると素敵なお人形さんね。いずはる。

 

生きていれば色んな事が起こるけど、

「生きるチャンスがある」ことは、

こんなに有難くて幸せなのよね~👩🏻

 

今、若い子達が、この世から去ることをするけど、

もっともっと命のありがたさを希望を持って

強く生きて欲しいと思うママゴンです👩🏻

 

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

 


f:id:halls3115:20200801193434j:image

 

 

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

 

白川郷

 

 

白川郷ライトアップ

 

いーちゃん、合掌造りの夜も素敵よ。

真冬の期間限定だけど、素敵。

 

ママは白川郷はライトアップからスタートしたの。

 

見どころと言われる

 

雪にすっぽり埋もれた合掌造りはもちろん、

 

展望台からの、村の夜景も素敵。

 

残念ながら

 

合掌造りの逆さ雪景色は!

 

未だ!っていうより、

 

いつも雪降ってるよ~(笑)。

 

吹雪の中歩いて回ったこともある。

 

迷子を探して走って回ったこともある。

 

思い出の白川郷ライトアップ!

 

ライトアップだけで、3回?4回行ったかなあ?

 

 

とにかく、オススメよ(*´艸`)